2015.02

淋菌に感染することで発症する淋病は、現代においてもかなり発症数の多い性病の一つです。
症状としては排尿時の違和感や痛みといったような症状が特に多く、また酷い場合には尿道から透明や乳白色の分泌物が出ることもあります。
しかしながら淋病は適切な治療を受ければ完治できる病気の一つですから、もし自分が疑わしいと感じた時にはすぐに泌尿器科などを受診することが必要です。
さて、それでは淋病の治療の中で注意をしなくてはならないこととは何でしょうか。
まず最初に注意をしたいポイントとなるのが「早期発見が重要である」ということです。
淋病は初期段階で発見できればすぐに治療を行うことができますが、悪化が進行すると尿道から精巣まで逆行し、睾丸炎が引き起こされることがあります。
睾丸炎が引き起こされてしまうと炎症部分が膨張して激しい痛みを発するうえ、38度以上の発熱が起こることもあります。
そのため、性行為をした数日後などから排尿時に違和感を感じるようになったというような場合には、すぐに泌尿器科を受診する必要があります。
次に治療に関してですが、これは基本的に抗生物質の投与を行っていけば問題ありません。
最初の診察では1週間の投薬が行われ、その後の症状や経過などを判断してさらに1週間の投与を追加するか、もし症状が重篤な場合には点滴や筋肉注射が行われますが、ほとんどの場合はこうした治療で完治します。
ただしかしここで注意してほしいのが「淋病の症状が治まっても完治診断を受ける必要がある」ということです。
淋病は淋菌に感染して発症するものであり、症状が治まったとしても原因菌である淋菌が体内に残留していたというようなケースはよくあります。
そうした状況で再び性行為を行うと、パートナーなどに淋病を映してしまうことがあるのです。
淋病の治療を行った場合には、必ず医師からの完治診断を受けるようにしてください。

2015.02

淋病検査を受けることについて抵抗を感じている人々は、日本国内にも大勢いることが分かってきており、各医療機関では積極的な対応が行われています。
中でも、匿名で淋病検査を受けることができる医療機関では、若年者を中心として多くの患者が訪れており、真剣に性感染症の治療に取り掛かるうえでも大きな利点があります。
淋病の症状は多種多様であり、場合によっては不妊症などの原因となることが知られています。
そうしたケースを回避するためにも、適切なタイミングに治療を開始することがテーマとなっています。
比較的希望の大きな医療機関では、匿名性の検査の体制が充実していることがあり、仕事や学校の帰りの時間を利用して、気軽に検査を受けることができます。
また、検査にかかる費用に関しても、リーズナブルな価格が設定されているため、経済的な負担を軽減するにはもってこいとされます。
淋病の原因に関しては、性交渉や母子感染などが指摘されていますが、その他の感染のルートについてもじっくりと考えることが求められています。
淋病の治療法について少しでも興味を持っている場合には、メールや電話などで無料の相談が行われている医療機関を探すことも有効です。
淋病の治療の進め方については、かかりつけの医師との相談によって決めることができるため、各自のライフスタイルを尊重しながら治療に取り組むことができます。
そうしたこともあり、淋病検査に対して関心を持っている若年者がここ数年のうちに急増しており、各医療機関のシステムの重要性に対してニーズが高まっています。
将来的にも、淋病の予防の方法について関心を示す若年世代の人々がさらに増えることが期待されています。